ミセスのスタイルブックのロングシャツ

ミセスのスタイルブック2015年秋冬号のロングシャツがひとまず完成。
文化式の新原型を使うタイプの型紙です。
ミセスのスタイルブック2015秋冬号
シャツ型のワンピースは便利なので何タイプか作っているのだけど、
これは、襟と台襟がつながってて、連結できる短いベルトがついてて、
打ち合わせのカタチがオシャレな感じが今までのとちょっと違う、かな。

幅15mmの細い剣ボロも、縫うのに苦労したけど、かなりかわいい。
細いの、いいなあ。と思います。
ミセスのスタイルブック2015秋冬号のロングシャツの剣ボロ
ステッチがやっぱりまだへたくそで、
しかもボタンホールが印からずれてるのだけど、
まあ、普段着だし、ボタンホールをほどくの大変なのでこれはこのまま。
まだボタンがついてないのに完成なのは、このまま染めるからなのです。

ステッチの色は、染まる予定の色。
白い布を染めるのではなく、紫を茶色で染めるのでどうなるかドキドキします。

白い印は、アイロンチャコペンの白。
使い方は、ちょっと前の記事にあるのだけど、
くっきり見えて、水とか熱で消えるのでやっぱり便利。
先日、ユザワヤで替芯買ってきたので、じゃんじゃん使えます。




とりあえず、掲載パターンとの変更点は、袖丈を七分丈に変更した所だけ。
前後差があるのだけど、長い方(後ろ身頃)で測って着丈95cmに出来上がり。
アイロンもかかってないのだけど、吊してみた↓
ミセスのスタイルブック2015秋冬号のロングシャツ
どこかで買った起毛ビエラ3メートル、ほぼ使い切り。

ポケットは、半分パッチポケットなので同生地の裏付きにできました。
小物が作れそうな感じのハギレは出ましたが、たぶん使わない。

おうち着ではあるのだけど、この紫でうろつき回られるのはキツイという
旦那様の意見もあり、出来たら染める、と決めていたので、
前回ちょっと使って余っている染料で染めるのです。

ビビッドな紫が気に入らなくて、在庫消費しなくては、という
比較的後ろ向きなアイテムだったのですが、意外といいカタチです。

染めて失敗しても良し、と最初は思っていたのだけど、
失敗したくなくなってきたので、慎重に染める事にします。






0 件のコメント :

Topへ