ビニコポーチの練習

ぺたんこポーチが色々残念だったながら楽しかったので、
イマイチだった原因を探りつつ練習にミニぺたんこポーチを作ってみた。
ファスナーは12センチ。
ビニコのミニポーチ
ちょうど寄ったユザワヤで売ってたビニコのカットクロスです。
ココランドの綿麻キャンバス生地。
コーティング生地でも、それぞれ手触りが違うのね。

ぺたんこポーチの大きな反省点は、縫い目が一定しないステッチと、
しまりきらないファスナー。
閉まりきらないファスナー
ワキの縫い代がファスナーに近すぎたんじゃないかな。

なので、今回は少し余裕を持ってワキを縫ってみた。
ビニコミニポーチのファスナー
こんなものかな。
ぺたんこポーチよりは美しいように思うけど、再現性はあまり高くない気がする。
どのくらい「少し余裕」を取ればいいのかな。
印付け通り縫えるかどうかも怪しいし。




あと、ぺたんこポーチ、やっぱり裏地が欲しかった。
バイアステープでくるむより、裏地で隠しちゃった方が粗が目立たないし、
生地の裏がそのまま見えるのは、やっぱりちょっと寂しい。

なので、手頃なハギレで裏をつけてみた。
ファスナー口を一緒に縫って、裏表それぞれ縫ってひっくり返す方式。
ミニポーチの裏地
やっぱり裏地がある方が、落ち着く。
普通のブロードだけど、接着芯を貼った方が良かったかな。どうかな。

ただ、気になるのがシワ。
裏地から引っぱり出す時についたシワが目立つように思うのです。

ラミネート生地へのアイロン、裏からで低温ならOKっていうの見たけど、
この小ささだと無理じゃなかろか。
自分用だからこれでいいけど、差し上げる用だと困るなあ。

スチーム当ててみたけど、伸びきらないし。
中に何か詰めてぱんぱんにしてスチーム?

とりあえず、このミニポーチはお裁縫箱の中でバラバラになってる
手縫い糸とか小物を整理する用に使うのです。
なんというか、用途が見つかると安心。

相変わらずステッチがイマイチ。
こればっかりは、練習あるのみだと思うし、経験値も増やさないと。
コバステッチの幅が色々になってるのは、きっちり折れてないから?
指先でぎゅーっと押してはいるのだけど、折れ目はなかなかつかないね。





0 件のコメント :

Topへ