コットンパールの羽織紐と粘土の帯留を使う

ちょっとしたランチの機会があったので、
コットンパールの羽織紐粘土のリボン帯留を初おろし。

旦那様とのデートなので、普段着モードです。
普段着物の帯周り
ベースアイテムはレースの羽織、伊勢木綿の長着、ポリ名古屋帯。
三分紐は千鳥格子の結構うるさい柄です。

お気軽着物に、おもちゃっぽいアイテムでかわいいかなーと思います。
結構かなり気に入っているのです。






この羽織紐は、芯というか糸というかが
ナイロンコートワイヤーなので、あまりたるんとならず、
ちょっと浮いた感じになるので、羽織が開き気味のような気がする。

コットンパールが軽すぎるのもあるので、
次回は少し重めのパーツを混ぜようかなと思います。

で、粗雑に扱っても、羽織紐が切れる事がないように、
と仕込んだマグネットクラスプはいい仕事をしてくれました。
脱ぎ着が簡単で素晴らしい。
いろんなカタチのマグネットクラスプが欲しくなります。

上の写真はアップすぎる感がするので、ちょっと引きのお写真。

ポリ名古屋は、ロックミシンでがーっとかがってあるお安い仕様。
縫い目を見ない事にすると、分類としては八寸、開き仕立て、になるのかなあ。
手先からお太鼓まで全部開きで、全通柄。

仕立て直す、というか、かがり直す気力がないので、
普段着です感を醸し出すアイテムとしてそのまま使っております。
柄出しを気にしなくていいので、ちゃちゃっと着るには便利だし。

写真としてあまり残したくないような気もするのです。
でも、色柄は気に入ってるから仕方ない。
普段着物のコーディネート

ほかに反省点というか、次回改善点。
絹手縫い糸で作ったタッセル、繊細な感じでいいのだけど、
実用にはちょっと向かない感じがする。

房が乱れすぎるのと、毛羽感が。もう少し太めのしっかりした糸が良さそう。
使ってみて分かる事って、結構ある。




0 件のコメント :

Topへ