石粉粘土でアクセサリー2色を塗った(ニスも塗る)

前回、伸ばして乾燥させて紙やすりでやする、まで作業して、
結構かわいい感じになったので、それを壊したくなくて、
色を塗るというのを先送りにしてましたが、とりあえず進行。

色を塗ってみたり、彫ってみたり。
使った道具は、最初はポスカ、アクリルガッシュ、彫刻刀。
筆と爪楊枝とメラミンスポンジ。
アクリル絵の具とポスカ
アクリルガッシュもポスカも不透明で、重ね塗りが出来るので
失敗にも結構対応可能ではあるのですが、なにぶん調色が難しい気がする。
水で薄めるのだけど、薄め按配とか、微妙な色とか、なかなか思い通りにならない。
練習あるのみだなあ。。。

ポスカはコート紙とかに出して爪楊枝で混ぜ混ぜするしかないので、
混色の割合がどう、とか言う前にくじけました。
普通に、キレイな色のポスカ(単色)を買うのが早い。

ただ、水性ニスを塗ったら溶けたので、ポスカ+水性ニスはオススメしないです。
大丈夫って書いてあるのも見たんだけど、なんか流れちゃった。
ポスカと水性アクリルニス
ポスカで市松に塗って、彫刻刀で削ったところに、パジコのシーラー厚塗り用を
塗ったものの写真です。
ものすごくにじんでます。
これはこれでいい感じの気がしますが、これを狙ってた訳ではないのです。
薄めてない、そのまんまのニス原液でした。




さらに、水性アクリル塗料。
色を作るのに苦労してたら、旦那様が恵んでくれました。
塗るだけで、キレイな色が出るなんてすばらしい。

シンナー(アクリル溶剤)(溶剤)で適宜薄めて使います。
使った筆は、最後はシンナーで洗いますが、作業中は乾かないように水にドボン。
長い目で見るとダメなのかもだけど、とりあえず大丈夫っぽかった。
水性ホビーカラー

調べてみたら、アクリルガッシュにも金色とか銀色とかあるようなのですが、
うちにも金色銀色があったので、分けてもらいました。

写真のは、タミヤカラー アクリルミニ ゴールドリーフ
あと、水性ホビーカラーの銀色とか。なんかキラキラしたシリーズです。
ラメラメしてて素敵です。
タミヤカラー ゴールド

とりあえず、試し塗り。
どんな感じにキラキラするのか気になって気になって。
タミヤのアクリル塗料のゴールドリーフ
金色で梅っぽいお花を書いて、水性ホビーカラーのオレンジイエローで花芯っぽい部分を適当にぬってみたところ。
一気に和風になって、いい感じです。
筆ムラが出ないように塗るには、これも練習あるのみっぽい。

ちなみに、アクリルガッシュの金色銀色もキラキラしているようです。
気になります。


塗って乾かして、最後の仕上げはニス塗りました。

アクリルニスも、ユザワヤには厚塗りツヤ出しとツヤ消しがあって
悩ましかったので、両方試してみることにしました。
安くはないので、これっきり、という事にはならないと思う。

無駄に長くなってしまったのだけど、続きます。






0 件のコメント :

Topへ