ブラウスを染めてみた

総刺繍の生地の変わった形のパターンのブラウスがやっぱりしっくりこない。
ためつすがめつ、コーディネートとか考えつつ、畳んでしまう。みたいな。

旦那様と相談してみた結果、とりあえず1回染めてみる事にしました。
ブラウスをダイロンプレミアムで染める
カラーストップのパッケージ画像、いいのかこれ、という気がするのだけど、私の発想がいけないんだろか。もう少しなんとか、せめてバスローブじゃなくて違う何かが良かったのでは。

それはさておき、刺繍部分の素材がわからなかったので、在庫のダイロンマルチ(コーヒー色)で試し染めしてみたのがこれ↓
ダイロンマルチで染めた刺繍生地
ほんの少しだったので、染料の粉と熱湯と塩とハギレをペットボトルに入れて振り振りしてしばらく放置して。
おリボン、ミシン糸、刺繍部分は染まらなかった。
ポリエステルなんだなあ。へええ。

アポロチョコみたいでかわいいな、この配色。
濃い色もかっこよさそうではあるのだけど、コーヒー色のブラウス着ないよね、刺繍の白い線がいっぱいあるとなお一層派手だよね、という事で、薄いブルーにしてみる事に。

ピンクのおリボンとピンクのボタンホールじゃなかったら、もう少し選択肢も広がったであろうに。と縫製の時のノリを少し悔やむ。
そして、一回つけたボタンを全部はずして、もう一回つけるのか、という事にも思い至って、ちょっとへこむ。

ボタンつけ、あまり好きじゃないのです。
既製品の「ここにボタンがついていた」という位置が分かるのはいいんだけど、自分でボタンの位置を決めなくてはいけないのが苦手。
ボタンの位置って、難しいと思う。

で、煮込まなくてもいい、お湯で染まるダイロン プレミアム ダイダイロンダイロン色止めカラーストップで、レッツチャレンジ。



ダイロンプレミアムは、1回で1袋使い切り。
染めたい材料が少ないと濃く染まる、と書いてあったので、重量調整のために着てない新品Tシャツ、ハギレ、色が派手過ぎて使えないストールも一緒に染めてみる事にしました。
ダイロンプレミアムダイで染める
Tシャツは、綿とポリエステル50%ずつの混紡。薄く染まるはずです。
ストールは絹100%の草木染めの綾鷹のキャンペーン当選品。
サイトの説明によると、絹は薄く染まるらしいのだけど、色味が落ち着いてくれればいいなあ。程度の期待で、一緒に投入。

Tシャツとハギレは、せっかくなのでちょっと輪ゴムで留めてみたり縛ってみたり。
タイダイもどきをして遊んでみました。
ダイロンのブログを見てると、楽しそうで色々やりたくなってくるのです。

で、説明通り、お塩、染料を入れて、たまにもみながら1時間、すすいでカラーストップを1時間。
カラーストップ後、ぬめぬめするので一回オシャレ洗剤でお洗濯しました。

結果。ブラウスとTシャツは薄いキレイな水色に染まりました。
縛った所もきちんと線になったりむら染めになって楽しかった。
ストールは、ほとんど変化なしの残念な結果に。
気持ち暗くなったかな。手触りは変わらなかったから良しとすべきかも。
プレミアムダイの染め上がり
ブラウス、昭和なお嬢様な感じがします。
どうしよう。
ますます着れない感じになった気がする。
上にセーターとか着て衿だけ使う用かなあ。

そして、開けてしまったコーヒー色のマルチダイで何か染めたい病発症。
染めるのは楽しかったです。




0 件のコメント :

Topへ