メタルラックのカーテンの作り方

作り方と言っても、周囲をだーっと縫って、上にカーテンテープを縫い付けるだけなのだけど、カーテンテープを付ける時にはちょっと注意します。

下の写真はカーテンテープなのだけど、表裏・上下があるのです。
目打ちを差し込んである部分にカーテンフックを差し込むのだけど、差込口がなかなか分かりづらいです。テープのせいではなく、加齢のせいかもだけど。
カーテンテープのアップ
布地に縫い付ける時に、表裏と上下を間違えると、ほどくの大変なので、あらかじめカーテンフックを差し込んでおくか、マステか何かに書いて貼っておくといいと思う。

縫い付ける時は、上側はそんなに気にせず、がしがし縫いつければいいけれど、
下側を縫う時は、このポケット的な部分にかからない様にしないと、カーテンフックが刺さらなくなっちゃうので、そこは注意します。

そして、ぐるっと縫い付けたくなるのだけど、
ぐるっと縫い付けると、ミシンの都合でシワになったりよれたりするので、下の図のように2回に分けて縫い付ける方がキレイにできます。
カーテンテープの縫い付け方
私は、表に縫い目が沢山出るのがイヤだったので、上側は、しつけだけして、カーテンテープを乗せてから縫いましたが、先に折り目をステッチで押さえた場合は、ステッチした向きと同じ向きに縫うとキレイになると思います。

ラックにカーテンを掛けた写真などの記事は「カーテン新調」をご覧ください。
資材というか、使った材料についての記事は「メタルラックカーテンの材料」です。
ホックボタンの付け方は「カーテンとホックボタン」です。


カーテンフックのラックへの取り付け

前回作ったカーテンの時と同じなので、前回カーテンの思い出まとめ画像↓
メタルラックへのカーテン取り付け

うちのメタルラックのワイヤーの太さは、A型フックにちょうどだったので、ナナメに押し込みとすぽんとフックがはまります。

スライドできなくても、めくって使う感じで数年、あまり不便とは思わなかったけど、まくった時に押さえておけるベルトがあると便利かも、とは思うのです。

市販カーテンっぽくするポイント

ところで、縫い目が表に沢山出るのがイヤと関係するのだけど、上と下は端っこを中縫い(でいいのかな、縫い目が表に出ないよう縫った)にしました。
裾の折りあげ部分と横のステッチ
写真の右側は、縦の端で、三つ折りしてステッチで押さえています。
真ん中から左下に向かってのナナメのステッチは、裾の折りあげ部分を押さえたステッチ。
で、真ん中あたりのちょっとふかふかした部分の横一線の縫い目は、袋縫いで表に縫い目が出ないようにした部分。

三つ折りした所をさらに三つ折りしてステッチ、だとステッチが2本になるのと、
布が沢山重なって縫いにくくなるので、裾と上端を先に袋縫いしてから、縦のステッチ、裾のステッチをしています。

(「三つ折り」は、3回折る事ではなく、2回折って布が3枚重なる状態です。)

袋縫いは、出来上がりの裾折り返しになるように折ってから、ひっくり返して縫います。
袋縫いの仕方
イラストのように、蛇腹に折って★の所を縫って、出来上がりの線で折って、角を押さえながら表にひっくり返すと、出来上がり状態になるのです。
角がもっさりしてるなーという時は、目打ちで少しずつ引っぱり出して直角にします。

で、そのまんまだと縦の三つ折りをする時に折りづらいので、点線のように内側の見えない所で縫いしろに切り込みを入れます。後は、キレイに折って、ステッチするだけ。

切った所はステッチの中に入っちゃうので、ほつれてくる事もないです。
ちょっと手間かかるけど、いい感じに出来あがります。

裾側は、おもり代わりにもなるから、縫い代はそのまんまにしちゃったけど、上側は、カーテンテープを縫い付けたりボタンつけたりする時に邪魔になるから、外側からは見えない部分の縫い代は切り取ってしまった方がキレイかな、と思います。

ぽこぽこがかわいらしくて素敵なんだけど、ぽこぽこしている部分は少し固いので、ミシンの針が入りにくい時もあるので、その予防にもなるかな、と思います。

↓この布を買ったお店。広幅生地が沢山あります。


わかりにくい所があったら、コメントいただけると助かります。



0 件のコメント :


Topへ