ninaのニットでパジャマパンツ

柄に一目惚れのninaのスムースニットでパジャマパンツが完成。
ニットソーイングを練習したいです。
ninaのパジャマパンツ
型紙は、naniiroのフリーパターン(2005)の中から、「ニットパンツ(上質おうちパンツ)」。
前後パンツ一体型の、部品一つだけの簡単型紙です。

かこみ製図で、サイズは、レディースMサイズ。
股下だけ伸ばしました。

私の基本サイズはユニクロのLなのだけど、シーチングで試作してみたら着られたのでそのまま行くことにしました。
ニット生地なら伸びるから平気だし、パジャマだから旦那様以外は見ないから大丈夫です。

使った生地と副資材

ninaのLOV(ロブ) 幅95センチ×2m
ninaのMaNE(モーネ) 在庫ハギレ
在庫の2センチ幅ゴムテープ

するっとした手触りで、気持ちいい布です。少し厚いのかな。
ベビー用のよくあるスムースニットより気持ちいいです。少し高いだけあるね。
ニット生地の違いはよく分からないけど、丸まったりしないし、裁断までは楽だった。

ニット生地を縫うのは2回目の初心者なのです。
難しい。無駄に時間かかっちゃった。

なんというか、まずレジロン糸の糸調節ができなかったです。
どうしても上糸が緩くなる。
縦方向は問題ないのだけど、ちょっとでも布目?編み目?に対してナナメになると、上糸びろんびろんです。
下の写真では、股の縫い合わせの所のジグザグ縫い始末がぐちゃぐちゃです。
まっすぐ縫いも、下糸側に糸輪がぽこんと出て超悲惨。
糸こきしたり、布を引っぱってみると、下糸がぷよぷよするし、上糸は足りなくなるし。
パジャマパンツの股繰りの始末



という事で、股下の処理は袋縫いにしました。
厚いのでごろごろするかなーと思ったのだけど、柔らかいから大丈夫。
アイロンしても折り目があまりつかないので、毛抜きにはなってないけど、布が厚い時は毛抜き合わせにしない方がキレイ、と和裁で習った様な記憶がかすかにある。

縫い代はいつも通りの1センチしか取ってなかったので、出来るだけ端を縫って、出来るだけきっちり折って本縫いを心がけたのだけど、きっと型紙よりは細く出来てると思うけど、たぶん大差ないと思う。
他の所もきっちり縫えてるとは思えないし。

で、袋縫いしてて、下糸のボビンがカランカラン回っている事に気付く。
普段、こんなにカランカラン音しないし。
レジロン糸は滑りやすい(?)から上糸にミカンネットをかぶせると良い、とネット情報にあったのだけど、うちにはミカンネットないし。もしかして下糸も原因? と、下糸を普通のスパン糸に変えてみたら劇的に改善しました。

縫い目を引っぱっても切れないし、伸び縮みもするし、問題ないように思います。
針目を小さくしたら、上糸も普通のスパン糸でいいんじゃないかしら。

↓全体の様子。
ninaのパジャマパンツの全体

用尺問題で、ウェストベルト式を採用したのだけは正解だったようです。
ウェスト部分とベルト布の縫い合わせはベルト布が布目縦方向だったので、縫い合わせる時にベルト布が伸びなかったので楽ちんでした。
ベルト布を上にして縫うのが個人的に正解のようです。

裾は横目で折り返しをそのままステッチだったので、下糸がスパン糸でも布自体がびろんびろん伸びてます。
伸ばしながら縫う、と教本に書いてあったけど、伸ばそうとしてないし、伸びたまま戻らないのは違うと思う。
美しくないです。パジャマじゃなかったら、ものすごく悲しいと思う。
レディブティックでも、ミセスのスタイルブックでも「あら素敵」と思うお洋服は結構ニットのものが多いので、ちゃんと練習しないと。

で、今回は縦に左右パンツを取ったので、幅25センチくらいの細長い残布が出ました。
何に使おうかしら。かわいいです。


0 件のコメント :


Topへ