ドレメ式原型に挑戦

レディブティックには、文化式の旧原型とドレメ式の原型と囲み製図が同じくらいずつ載ってます。
スタイルブックは、文化式の新旧原型と囲み製図が載ってます。
新旧両方とも自分原型を作って、ドレメ式のも自分原型が欲しくなったのが去年。

レディブティックの編集部にお願いすると、170円+送料(1部だと92円)で文化式とドレメ式の原型の型紙を送ってくれるので、ドレメ式の原型をトレースしてシーチングで作って、着てみてちょっと補正のまねごとをして、そこで一回満足。

気がついたらほぼ一年放置してたっぽい。
いい加減、何か作って、原型がちゃんとできてるのか試してみたいので、何か上に着るものを作りたい。


自分原型は、プラバン工作して製図定規にしてありました。
製図する時になぞって使える便利アイテムなのです。
これでお気に入りの型紙用不織布に原型を書き写して、型紙を作ります。
プラバンで作る原型定規
なんとか作れそうなモノを探してあれこれ目移りした結果、レディブティック掲載の簡単そうなワンピースにします。

レディブティックとかスタイルブック、製図の仕方とか載っているので、ちゃんとお勉強してなくてもなんとなくこんな感じかなーで作れるのが素晴らしい。

ちゃんとした目で見ると怪しいはずなんだけど、自分の目がちゃんとしてないので、どこが間違ってるかもよく分からない感じのまま適当に進行。
プラバンで作った原型定規を収納
原型はプラバンには収まらないのだけど、マステで固定するだけでなんとかなります。
で、使わない時はパタンと折れるので、買った時の袋に収まって、収納に便利。
良く出来てる。とやってみてから思いました。

次の週末は裁断して縫いたいと思う次第。
暖かくなる前に作っちゃわないと。


0 件のコメント :

Topへ